ここからサイト内共通メニューです。

豆腐

・ 国産丸大豆100%使用、天然にがり使用
・ 消泡剤も使いません。


 

国産丸大豆と天然にがりでつくった本物の豆腐

エル・コープが共同出資している豆腐生産者「豆伍心(まめごころ)」(大阪府高槻市)が生産した豆腐を、製造の翌日に組合員にお届けします。
おいしい豆腐を作るには、やはり原料の大豆が肝心です。私たちの豆腐の原料大豆は、契約栽培による三重県産大豆フクユタカと石川・富山県産大豆エンレイです。数ある大豆の品種の中でも、たんぱく質の含有量が、平均42~45%と非常に高く、豆腐作りに適した良質の大豆です。

凝固には海水を煮詰めただけの「天然水にがり」(石川県珠洲市産)を使用するため、天然にがりに含まれるミネラルが、大豆の旨味や風味を引き出してくれます。
天然にがりで凝固させるには、濃度の高い豆乳が必要です。エル・コープの豆腐を一丁作るためには、約138gの大豆が使われています。一般によく使われる硫酸カルシウムやグルコンならその6割の量でも固められます。濃度が違えばおいしさの差も歴然です。大豆の味がしっかり残っている風味豊かな豆腐です。


また、豆乳を温めるとたくさんの泡が出ます。その泡を消すために一般の豆腐製造では消泡剤(グリセリン脂肪酸エステルなど)を添加し、泡立ちを 未然に防ぎます。ですが豆伍心では、より確かな「安全な」豆腐作りを目指し、消泡剤を使わない豆腐づくりの技術を維持しています。

大豆の国内自給率は4%、食品用に限ると22%となっています。バイオ燃料などの影響で世界中の大豆の争奪が始まっている昨今、原料大豆を輸入に 頼っている日本の現状を少しでも変えるためにも、国産大豆で作られたエル・コープの豆腐を食べることが国内自給力UPにつながります。


 

 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

生活クラブ京都エル・コープ 公式SNSでお役立ち情報を配信中!
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。