ここからサイト内共通メニューです。

産直米



 

環境に負荷をかけない米作り

米は栽培面積が1位のため、使用される農薬の総数も水田が1位です
私たちの主食であるお米。日本の農産物の栽培延べ面積の約45%は稲作で、断然1位を占めています。したがって農薬使用量では稲作で使われている 農薬がトップになります。

農薬がもたらす環境への負荷
繰り返し使用されてきた「農薬」は、水田からの排水に混じって河川、湖沼、地下水を汚染して、浄水場の原水から農薬が検出される事例が報告される など、環境汚染を引き起こしてきました。農薬は水田の土、水を汚染し、水田の周辺に生息する生物に影響を与えます。また過去には、農薬を使用した 農民が農薬中毒で犠牲になった事例も報告されています。
農薬は、米への残留農薬による消費者の健康への心配だけでなく、自然環境、そして生産者の健康にとっても重大な問題を抱えています。ごく微量でも 生物の生殖機能に重大な影響を与える恐れが指摘されている「環境ホルモン」物質の大半は農薬です。稲作にも「環境ホルモン」の疑いのある農薬が、 一般ではまだ使用されています。

エル・コープのお米の栽培基準
エル・コープのお米は、本田だけでなく種子消毒・育苗から農薬は基本的に不使用・除草剤については1回のみ使用を認めるという基準で栽培をしてい ます。一般的には種子消毒から防除まで16成分(山形)前後の農薬が使用されていますが、エル・コープでは、除草剤の2成分(1回)のみの使用です。

田んぼから農薬を減らし、環境に負荷をかけない米づくりを広げよう
私たちは農薬の使用を除草剤だけに限定して栽培したお米=『環境に負荷をかけない米づくり』に利用を呼びかけています。私たちが『環境に負荷を かけない米づくり』に取り組む生産者のお米を食べていくことで、『環境に負荷をかけない米づくり』に取り組む生産者をふやし、田んぼをふやして いくことにつながっていきます。


  

産地・生産者紹介

米澤郷牧場 米生産者グループ(山形県東置賜郡)
新潟ピュアライス久比岐野(新潟県中頸城郡頚城村)
竜王町稲作経営者研究会(滋賀県)


 

 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

生活クラブ京都エル・コープ 公式SNSでお役立ち情報を配信中!
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。