産直ニュース(農・畜・水産) 42週号(10/24~27)

産直ニュース(農・畜・水産) 42週号

生活クラブの産直材は、より美味しくより安心して頂ける様に生産者を指定しています。このため、天候・生育状況等によってはお届け週が予定変更になる場合や、緊急にお知らせが必要な場合もありますので、本ニュースで産地の状況をお知らせします。 <生活クラブ関西>

*納品書「次週以降のお届け」が上手く機能していません。果物類お届けは下表をご参考にしてください。


ニュースは、毎週全組合員へ配布しています。
こちらのHPでは、果物類お届け品スケジュールのうち、京都エル・コープのお届け予定のみをピックアップして、毎週案内していきます。
西センターと東センターでお届け品目が異なる場合もありますので、所属センターをご確認ください。
品名前に(?)マークのある品は、調整の可能性があります。
天候や生育状況により緊急に変更となる場合もありますが、予定としてお役立てください。

  西センター・東センター

42週

(10/24~27)

シナノスイートりんご②

新興梨②

刀根柿② 10/24(火)・25(水)

43週

(10/31~11/3)

シナノスイートりんご③

新興梨③

予約みかん①

平核無柿① 11/2(木)・3(金)

44週

(11/7~10)

王林りんご①

予約みかん②

洋梨ラ・フランス①

平核無柿① 11/7(火)・8(水)
平核無柿② 11/9(木)・10(金)

45週

(11/14~17)

王林りんご②

予約みかん③

洋梨ラ・フランス②

平核無柿② 11/14(火)・15(水)

富有柿① 11/16(木)・17(金)

★ 配達品(中でも特に生鮮品)については、配達当日に異常が無いかを確認して下さい。もし異常が発見された場合は、配達当日にセンターまでご連絡頂きますようお願いします。

 

■ レモン(肥後レンコンの里:熊本県)の
 お届けがはじまっています。小玉傾向です。

降雨量が少なかった影響で小玉傾向となっています。カタログ案内では「2~5玉」としておりますが、「2~6玉」を規格内としてお届けさせて頂きます。

 

■ じゃがいも(産直南島原:長崎県)の 芽…

九州地方のじゃがいもは、一般的に春と秋に収穫されます。
8月後半からは秋収穫に向けて種イモを植え付ける時期となり、今は芽が動く(出てくる)時期にあたります。 産地では冷蔵庫で貯蔵したものを袋詰めして出荷しています。
勿論その時点で芽が出ている物は取り除いて出荷するのですが、出荷してからお届けまでの間で輸送中に気温が高くなると芽が伸びて行く場合があります。 先週は気温が高かった為に「芽が出ている」との報告が多く上がっています。

*お届け時に芽が伸びていた場合には指で芽を押すと取れますので、お手数ですが取ってからご使用下さい。

又、保管は冷暗所(光を通さない紙袋等に入れ野菜室等)で保管して下さい。台所などの常温の場所に置いておくと、すぐに芽が出ます。

 

 

 

 

   

 

~ 産直ニュースより ~

 

 ■ 丸ごと本わさび…

  今週お届けです 初登場!!

本物のわさびを食べて頂く事以外に、ほとんど知られていないわさびの葉・茎も利用することで私たちの食卓に花を添えられれば…との企画です。

1本丸ごとのわさび(葉っぱ付きの茎と根っこ…約1本分です)

葉や茎は1~2㎝に刻んで、サッと熱湯を掛け(ゆがいてはダメです)冷ましてから出汁入り醤油等に漬けて食します(東北ではふすべ漬けと呼ばれています)。ツンとくるわさび特有の辛み(後を引かない辛みです)でご飯が進みますヨ!

根っこはすり下ろして(鮫皮のおろしが良いらしい)お刺身、ステーキに。

お勧めは、温かいご飯にかつお節をふりかけ、すり下ろしたわさびを添えてお醤油を垂らして…。

是非お試し下さい。

注文漏らした皆様は来年1月末くらいに又企画がありますので、どうぞ!

本わさび生産者 大富農産:平野氏

 

 ■ 米沢郷米<ファーマーズ・クラブ赤とんぼ>

 2017年産米の出荷が始まっています  

産直米の提携各産地では、新米の刈り取りが始まっています。
ファーマーズ・クラブ赤とんぼ(山形県)の「米沢郷米」は、40週に『ひとめぼれ』が新米になり、今週、42週からは『コシヒカリ』、『つや姫』も新米に切り替わりました。

今年は8月に日照が少なく、稔りの状況が心配されましたが、刈り取ってみればまずまずの様子です。しかし9月以降も雨が多く、稲刈り作業は大変!(>_<)/ゞ 田んぼがぬかるんで、場所によってはコンバイン(稲刈り機)が思うように進まないことも..(T_T)

また、刈り取り後のお米の水分が多く、乾燥工程にいつも以上に時間が掛かりましたが、何とか出荷に間に合いました!生産者のがんばりによって、しっかり育てられた今年のお米。たくさん味わってください。

*今出荷が始まった「玄米」規格には、青米(玄米の表皮の緑色が抜け切っていないお米)がいつもより多く含まれています。青米は「成熟し過ぎてない時期に刈り取りができた」証。異常ではありませんので、安心してご賞味ください(^^#)

 

   

ページの先頭に戻る