産直ニュース(農・畜・水産) 40週号(10/10~13)

産直ニュース(農・畜・水産) 40週号

生活クラブの産直材は、より美味しくより安心して頂ける様に生産者を指定しています。このため、天候・生育状況等によってはお届け週が予定変更になる場合や、緊急にお知らせが必要な場合もありますので、本ニュースで産地の状況をお知らせします。 <生活クラブ関西>

*納品書「次週以降のお届け」が上手く機能していません。果物類お届けは下表をご参考にしてください。


ニュースは、毎週全組合員へ配布しています。
こちらのHPでは、果物類お届け品スケジュールのうち、京都エル・コープのお届け予定のみをピックアップして、毎週案内していきます。
西センターと東センターでお届け品目が異なる場合もありますので、所属センターをご確認ください。
品名前に(?)マークのある品は、調整の可能性があります。
天候や生育状況により緊急に変更となる場合もありますが、予定としてお役立てください。

  西センター・東センター

40週

(10/10~13)

紅玉りんご

ぶどうナイアガラ

新高梨①

刀根柿① 10/12(木)・13(金)

41週

(10/17~20)

シナノスイートりんご①

新高梨②

新興梨①

刀根柿① 10/17(火)・18(水)
刀根柿② 10/19(木)・20(金)

42週

(10/24~27)

シナノスイートりんご②

新興梨②

刀根柿② 10/24(火)・25(水)

43週

(10/31~11/3)

シナノスイートりんご③

新興梨③

予約みかん①

() 平核無柿①

★ 配達品(中でも特に生鮮品)については、配達当日に異常が無いかを確認して下さい。もし異常が発見された場合は、配達当日にセンターまでご連絡頂きますようお願いします。

 

■ レモン(肥後レンコンの里:熊本県)の
 お届けがはじまっています。小玉傾向です。

降雨量が少なかった影響で小玉傾向となっています。カタログ案内では「2~5玉」としておりますが、「2~6玉」を規格内としてお届けさせて頂きます。

 

 

 

   

 

~ 産直ニュースより ~

 

 ■ みかん園地視察(アイワ研究会:和歌山県)  

アイワ研究会の九鬼卓幸さんの園地は有田市にあります。
有田市はみかん産地として有名な地域で、急斜面の山肌にみかん園が一面に切り開かれています。

近年、ご多分に漏れずイノシシなどの鳥獣害に悩まされ「園地の管理作業以外にイノシシ避けの柵の設置や補修で忙殺されて、時間が足らなくて困っています」と訪問当日もモノラックに鉄柵を積み、イノシシよけの柵を取り付けていました。(斜面を運ぶのも一苦労…)
イノシシ以外にもシカやタヌキにアライグマも…。特に農薬を減らす栽培のため九鬼さんの園地は森に隣接したところが多く、被害を受けやすい条件があります。

アイワ研究会:九鬼卓幸さんの園地。タヌキ避けのライト印の先にあるのは夜間点滅するライト(工事現場見たいな)で、タヌキの食害を防ぐために吊しています。 でも、慣れてくると殆ど効果があるのか分からないそうで、視察当日の未だみかんの青い状態でも食べられた跡のみかんの皮が地面にチラホラ見られました。

 

◇鳥獣丸救世主になるかも!? 「鳥獣丸」

そんな鳥獣被害に悩まされている九鬼さんの園地で、もしかして救世主になるかも!?という写真の様な物体を発見。直径4㎝の玉で野生鳥獣類が嫌がる波動を出すとのことで、理屈は良くわからないものの薬品や電気は使用しておらず安全とのこと。ワラにもすがる思い?で幾つか購入して周辺の木に吊り下げているのですが、効果がありそう(今のところ)とのこと。

ただでさえ今年のみかんは不作なので、効いてくれれば嬉しいのですが…。

 

◇熊野古道

下津のみかん生産者仲田さんの園地から山越えで有田に抜ける旧道で九鬼さんの園地に向かったのですが、この道は有名な「熊野古道」

途中、万葉集にある(らしい)「安太へ行く 小為手の山の 真木の葉も 久しく見ねば 蘿生しにけり」の石碑(写真)や、山口王子跡等があり歴史のお好きな方には楽しい道。 私はそれよりも「ほんまにこの道とおれるんかな~~」と、狭い山道を迷いながらの道中でした。

 

   

ページの先頭に戻る