産直ニュース(農・畜・水産) 29週号(7/25~28)

産直ニュース(農・畜・水産) 2017年 29週号

生 活クラブの産直材は、より美味しくより安心して頂ける様に生産者を指定しています。こ のため、天候・生育状況等によってはお届け週が予定変更になる場合 や、緊急にお知らせが必要な場合もありますので、本ニュースで農畜水産関係の産直 品の産地情報等をお届けします。   <生活クラブ関西>


ニュースは、毎週全組合員へ配布しています。

こちらのHPでは、果物類お届け品スケジュールのうち、京都エル・コープのお届け予定のみをピックアップして、毎週案内していきます。

西センターと東センターでお届け品目が異なる場合もありますので、所属センターをご確認ください。

品名前に(?)マークのある品は、調整の可能性があります。

天候や生育状況により緊急に変更となる場合もありますが、予定としてお役立てください。

  西センター・東センター

29周

(7/25~28)

ブルーベリー①

プルーン早生① 7/27(木)

冷凍梅

すいか①

30週

(8/1~4)

ブルーベリー②

プルーン早生① 8/1(火)・2(水)・4(金)
プルーン早生② 8/3(木)

桃②

31週

(8/8~11)

ブルーベリー③

プルーン早生② 8/8(火)・9(水)・11(金)
プルーン早生③ 8/10(木)

すいか②

(?) デラウエア①

32週

(8/15~18)

プルーン早生③ 8/15(火)・16(水)・18(金)

(?) デラウエア②

(?) 幸水梨①

 ■ プルーン(八ケタ会) 

今週から収穫を始めましたが、熟期が遅れており1曜日分の収穫に止まり29週は木曜配達分のみの出荷となりました。
その他曜日は1週繰り下げてお届けします。今暫くお待ち下さい。

 


      

 

~ 産直ニュースより ~

 

 ■ 八ケタ会 Now 
  つがる・巨峰追加注文書配布しています!  

◇りんご園 

生産者no.8 北沢聖敏さん秋のりんごシーズンを前にして摘果作業追われています。

既に粗摘果(早い時期にするある程度の摘果)された樹で、大きさ・形・虫や傷、葉っぱの枚数に応じた個数等々を見ながら、不要な果実を落とし最終的に残す果実を決めていきます。 受粉が上手くいけば良い個体を選べる反面、摘果作業が大変になりますが、「やっぱ、一杯ついている中から選べる方がいいっす!」

今年のりんごは園地にもよりますが、概ね良好です!

 

 

摘果作業を終えた減農薬試験園

右の写真は摘果作業を終えた減農薬試験園。
樹の下に落とされた果実が拡がっています。

看板は生活クラブ関西と共同設置したGMO Free Zone(遺伝子組み換え作物は植えません)ものです。 実験園では、堆肥投入試験と有機JASで使用可能な農薬(比較的毒性が低いもの)で栽培試験を行っています。

 

◇巨峰園

生産者no.28 丸山慶一さん(写真中央)の園地で集合写真。

生産者no.28 丸山慶一さん(写真中央)の園地で集合写真本来ならこの時期、頭上は葉っぱに覆われて影になるのですが、今年1月の雪害で丸山氏の園地はほぼ全壊しました。現在、生き残った樹がまばらに枝を伸ばし、完全にダメになった樹の代わりに苗樹が十数本植えられている状態です。

被害は生産者no.11 柳沢賢良さん(写真左端)の園でも発生し1/3の面積が再生不可となっています。

それでも、懸命の立て直し作業により全体では平年の7~8割程度の出荷が見通せる状態にまで回復しています。  

 生協では企画週を減じて調整を行っていますが、しっかりと予約をお願いします。

 

      

ページの先頭に戻る