産直ニュース(農・畜・水産) 26週号(7/4~7)

産直ニュース(農・畜・水産) 2017年 26週号

生 活クラブの産直材は、より美味しくより安心して頂ける様に生産者を指定しています。こ のため、天候・生育状況等によってはお届け週が予定変更になる場合 や、緊急にお知らせが必要な場合もありますので、本ニュースで農畜水産関係の産直 品の産地情報等をお届けします。   <生活クラブ関西>


ニュースは、毎週全組合員へ配布しています。

こちらのHPでは、果物類お届け品スケジュールのうち、京都エル・コープのお届け予定のみをピックアップして、毎週案内していきます。

西センターと東センターでお届け品目が異なる場合もありますので、所属センターをご確認ください。

品名前に(?)マークのある品は、調整の可能性があります。

天候や生育状況により緊急に変更となる場合もありますが、予定としてお役立てください。

  西センター・東センター

26週

(7/4~7)

河内晩柑⑩

サクランボ② 7/4(火)・5(水)
サクランボ③ 7/6(木)・7(金)

パイナップル(ハワイ種)①

27週

(7/11~14)

河内晩柑⑪

サクランボ③ 7/11(火)・12(水)

パイナップル(ハワイ種)②

桃①

28週

(7/18~21)

パイナップル(ハワイ種)③

(?) すいか

29周

(7/25~28)

ブルーベリー①

プルーン早生①

(?) すいか

 

 

 


      

 

~ 産直ニュースより ~

 

 ■ 八ケタ会 りんご       
  今週注文案内配布です! 

いよいよ、りんごシーズンに向けてトップバッターの「つがる」注文案内を配布しています。

◇今年のりんごは順調!

各品種共に開花後の受粉状態もまずまずです。
昨年春先に発生し多くの被害が出た黒星病も無く、その後の摘果作業に追われています。
長野も雨不足で写真のように灌水設備がある園では、スプリンクラーで散水が行われています

 

◇草刈り

八ケタ会では除草剤は使わず、年数回にわたり伸びた草を刈り取る「草刈り草生栽培」で、雑草の有効利用を実践しています。
これにより土中の微生物も増え、刈り取った雑草により有機質が還元されます。
伸びた雑草の根が土の通気性などにも繋がります。

写真は乗用草刈り機です。
一見楽しそうですが、広い園地をくまなく走り回るのは それはそれで大変です…。

 

 

 ■ パイナップル(ハワイ種)       
  出荷始まりました! 

「だれにも負けない味そして安心」

それが私たちのこだわりです。

農薬散布は慣行基準比8割減で栽培しています。
おいしいパインをつくるには、強いパインの樹つくりが基本です。
一方で多くの窒素肥料をやれば果実は大きくなるものの、すっぱくコクのないパインになってしまいます。

普通の農家は収入をあげるために、どうしても大きいパイナップルをつくりたがります。
しかし、私たちは、ちいさくても食べた人は喜んでくれるおいしいて安心なパインを作るために化学合成の窒素肥料・農薬は必要最低限に抑えます。

パインは、収穫してから一切追熟はしません。だから収穫したときが一番おいしいのです。
いつも組合員の皆さんがおいしく食べられるように、その時期・気温にあわせて、もっともおいしい時期に収穫することを決まりにしています。
そして収穫した翌日にはみなさんに発送します。
【八重山フルーツクラブ 平安名貞市】

 

      

ページの先頭に戻る