産直ニュース(農・畜・水産) 19週号(5/16~19)

産直ニュース(農・畜・水産) 2017年 19週号

生 活クラブの産直材は、より美味しくより安心して頂ける様に生産者を指定しています。こ のため、天候・生育状況等によってはお届け週が予定変更になる場合 や、緊急にお知らせが必要な場合もありますので、本ニュースで農畜水産関係の産直 品の産地情報等をお届けします。   <生活クラブ関西>


ニュースは、毎週全組合員へ配布しています。

こちらのHPでは、果物類お届け品スケジュールのうち、京都エル・コープのお届け予定のみをピックアップして、毎週案内していきます。

西センターと東センターでお届け品目が異なる場合もありますので、所属センターをご確認ください。

品名前に(?)マークのある品は、調整の可能性があります。

天候や生育状況により緊急に変更となる場合もありますが、予定としてお役立てください。

  西センター・東センター

19週

(5/16~19)

河内晩柑③

パイナップル(ピーチ種)②

20週

(5/23~26)

河内晩柑④

パイナップル(ボゴール種)③

小梅

21週

(5/30~6/2)

河内晩柑⑤

パイナップル(ピーチ種)③

小玉スイカ①

22週

(6/6~9)

河内晩柑⑥

小玉スイカ②

肥後グリーンメロン①

(?) 生梅:梅酒用

■ 新にんにく150g 遅配です

2月~4月の気温が例年よりも低かった事と日照不足により生育が遅れております。ご予定のところ、大変申し訳ありません。
尚、請求は今回の納品書に記載されている為、次週は0円にてお届けさせて頂きます。ご了解下さい。

 

 

 

 

 


      

 

~ 産直ニュースより ~

 

 ■ プラム(肥後あゆみの会)  
  企画中止となりました…   

開花時期(4月初旬)に降雨が続いたことで着果状況が極端に悪く、今期の企画は中止致します。
プラムは昨年に続き2年連続の凶作となりご迷惑をお掛けします。
あゆみの会の完熟した美味しいプラムをお届けできず非常に残念です。

 来年の豊作を願います!!

 

 ■ 満開ラッシュ!      

 4月下旬頃はサクランボや梨等 果物の花が咲き乱れる時期です。今年は梨(倉吉・中吉野)、サクランボ(米沢)共に開花時の気象条件はまずまず良好でした。 まだ、しっかり受粉して実を付けるまで気は抜けませんがひとまずはひと安心! 

 

◇20世紀受粉作業

20世紀の花(倉吉市果実農業組合)です。4/18頃に満開を迎えたので筆を使って狙いの花を中心に受粉作業が行われました。その後の天候も良く順調に着果しているとのことです。色々な品種が順々に満開を迎え、忙しい日が続きます。

 

◇20世紀 除芽

4月28日現在の20世紀梨の芽

花が咲くのとほぼ同時に芽が出てきます。これが伸びて枝になるのですが、写真の数は不要。5~6出ている芽を1本だけ残して摘んでいく作業も摘花作業と並行してこなします。全体のバランスを考えて残した1本が来年実を付ける枝になる様に、延ばしていきます。

 

◇サクランボ受粉作業

4月30日現在 横山裕一さんのサクランボ園地サクランボも4/30に満開を迎えました。

写真は横山裕一さんの園地です。お母さんが毛ばたきを持ち花粉を付けて廻っています。

園内には主力の佐藤錦の受粉をするために、紅さやかやナポレオンなどの品種を混植しています。

*バラ科の果樹の多く(梨・リンゴ・サクランボ等)は、同じ品種の花粉では上手く受粉せず実が付きにくいことから、他の品種の花粉を着けることで受粉を促していきます。

梨には主に長十郎梨の花粉、リンゴのふじには王林の花粉…佐藤錦にはナポレオンや紅さやか…風や蜂などでも受粉しますが、より確実に実を付ける様にこのような作業が欠かせません。

 

      

ページの先頭に戻る