産直ニュース(農・畜・水産) 16週号(4/25~28)

産直ニュース(農・畜・水産) 2017年 16週号

生 活クラブの産直材は、より美味しくより安心して頂ける様に生産者を指定しています。こ のため、天候・生育状況等によってはお届け週が予定変更になる場合 や、緊急にお知らせが必要な場合もありますので、本ニュースで農畜水産関係の産直 品の産地情報等をお届けします。   <生活クラブ関西>


ニュースは、毎週全組合員へ配布しています。

こちらのHPでは、果物類お届け品スケジュールのうち、京都エル・コープのお届け予定のみをピックアップして、毎週案内していきます。

西センターと東センターでお届け品目が異なる場合もありますので、所属センターをご確認ください。

品名前に(?)マークのある品は、調整の可能性があります。

天候や生育状況により緊急に変更となる場合もありますが、予定としてお役立てください。

  西センター・東センター

16週

(4/25~28)

3次いちごB登録
3次いちご予約④

うすいえんどう②

皐月清見オレンジ

パイナップル(ボゴール種)①

17週

(5/2~5)

3次いちごA登録
3次いちご予約⑤

河内晩柑①

パイナップル(ピーチ種)①

18週

(5/9~12)

河内晩柑②

パイナップル(ボゴール種)②

セミノール

19週

(5/16~19)

河内晩柑③

パイナップル(ピーチ種)②

■ にんにく150g 欠品です

にんにくは、昨年の6月下旬~7月上旬に収穫し、乾燥させたものを保存してお届けしています。今回お届け予定だったにんにくは、芽が出てきているものが多く、お届け出来る様な品質ではない事から欠品とさせて頂きました。ご予定のところ、大変申し訳ありません。
尚、請求は次週の納品書にて返金処理させて頂きます。宜しくご了解下さい。

 

■ 登録トマト 欠品です(一部供給有り)

収穫期の前半で、注文数全量を揃えることが出来ませんでした。ご予定のところ、申し訳ありません。尚、納品書は0円にて記載しており請求は発生いたしません。

*東センター 4/27(木)1kgのみお届けします。

※2月~3月にかけて低温が続いた事と日照不足により予定よりも約2週間遅れた作柄となっています。現在、トマトの実はたくさん成っており、赤く色付くのを待つだけの状態です。5月の連休明け頃より順調にお届けができる見通しです。今しばらくお待ちください。

 

 

 

 


      

 

~ 産直ニュースより ~

 

 ■ 今シーズンから、
  エリザベスメロン・アンデスメロンの
  企画は中止となりました       

メロン裁判は非常に手間暇のかかる作物です。両品種共に人手不足から管理に手が回らないため、栽培を中止することになりました。長らくご利用頂いておりましたが継続できず申し訳ありません。
パイナップルの企画週を増やしていますのでご利用お願いします。
今年のメロンはもうすぐ案内される肥後グリーンメロン(18週案内配布)のみとなります、

 

 ■ 泉州Now (大阪府岸和田市)  

4/21現在の泉州の様子をお知らせします。

◇玉ねぎNow

昨年は全国的な病害により泉州でも収穫量は大きく減少しましたが、今年はいまのところ少し生育が遅れ気味ですが病気も見られずまずまず順調そうに見えました。
ここの園地は農薬はもちろん化学肥料も使用しない実験園です。
5年以上の堆肥投入による土作りで、毎年必ず発生していたベト苗も大きく拡がることは無くなってきました。 

右写真は、特に病害が酷かったので4年間キャベツを植えていたのですが、今年久しぶりに玉ねぎを植え付けています。投入する有機肥料は市販品も使用しますが、ここの畝では自家製のボカシ肥料を投入しましています。市販有機肥料の畝(写真①)と、自家製ボカシ肥料の畝(写真②)との違い(玉ねぎの間)が分かるでしょうか?? 

写真① 市販有機肥料の畝

写真② 自家製ボカシ肥料の畝

 

◇みかんNow

みかんもそろそろ芽吹いてきました。

写真①は花芽で、写真②は葉芽。

写真① 花芽写真② 葉芽

花芽分化期(12月~3月)での樹体が持っている栄養分(炭水化物や窒素成分)のバランスによって花芽の多寡も決まるそうです。

一般にみかん収穫時には肥料(チッソ)を吸うと味が悪くなることから、収穫時期には肥料成分が切れるように調整するのですが、直後の花芽分化期に肥料成分が不足すると花芽が形成されにくくなり翌年の収穫量が減少する…ことになります。

美味しいみかんを作りながら収穫量を安定させる。

両立するのが難しいことに生産者は様々な工夫とチャレンジを続けています。

 

      

ページの先頭に戻る