産直ニュース(農・畜・水産) 47週号(11/22~25)

 

産直ニュース(農・畜・水産) 2016年 47週号

生 活クラブの産直材は、より美味しくより安心して頂ける様に生産者を指定しています。こ のため、天候・生育状況等によってはお届け週が予定変更になる場合 や、緊急にお知らせが必要な場合もありますので、本ニュースで農畜水産関係の産直 品の産地情報等をお届けします。   <生活クラブ関西>


ニュースは、毎週全組合員へ配布しています。

こちらのHPでは、果物類お届け品スケジュールのうち、京都エル・コープのお届け予定のみをピックアップして、毎週案内していきます。

西センターと東センターでお届け品目が異なる場合もありますので、所属センターをご確認ください。

品名前に(?)マークのある品は、調整の可能性があります。

天候や生育状況により緊急に変更となる場合もありますが、予定としてお役立てください。

  西センター・東センター

47週

(11/22~25)

ふじりんご①

みかんB登録

富有柿

*人参 規格価格変更
 1kg → 500g 税込162円
3kg → 1.5kg 税込735円

*冷凍牛すじ300g
一部遅配または欠品

48

(11/29~12/2)

ふじりんご②

みかん登録

富有柿②

49週

(12/6~9)

ふじりんご③
手渡し贈答ふじ

みかん登録

(?) いちごA登録

50週

(12/13~16)

ふじりんご④

みかん登録

(?) いちごA登録

 

■ 「登録人参」 当面、規格価格変更でお届けします

☆通常規格の半量 1㎏→500g 3㎏→1.5㎏。(価格修正済)

44週(11/1~4)から秋の新物出荷がスタートしましたが、播種時期(9月初旬~)の長雨日照不足の影響で肥りが悪い作柄となっています。
本来なら先端の細い部分も身が入っていくのですが…。人参が肥ってくるまで暫く収穫ペースを落とすことで調整をしていくこととします。(このまま育ちきっていない状態で掘り進めていくと、予定していた栽培量を大きく割り込み、春まで供給継続ができなくなるためです)

 

 

 


      

 

~ 産直ニュースより ~

 

 ■ 「ふじ」(八ケタ会)のお届けが始まりました 

今シーズンのりんごは全体として開花時期の天候不順・黒星病の多発、夏の高温と旱魃、初秋の長雨・日照不足といった生育ステージの中で収穫を迎えました。

特に夏の高温と旱魃は、長年りんご作りをしてきた生産者も初めて遭遇する様な現象を引き起こしています。

◇開花時期の天候不順と黒星病多発により中心果を残すことが困難になりました

中心花に受粉して着果したものは中心果とよばれ、サビも少なく形状の良いりんごに育ちます。中心花に着果しない場合や黒星病にかかったりした場合には、回りの花に受粉した側果を残します。

今期は側果が多い状況となり、サビ果変形果も多めとなっています。

又、早い梅雨明け後は1ヶ月以上降雨が無く、且つ日差しの強い夏となり、その後9月前半から長雨・日照不足の天候が約1月続きました。これにより、樹自体のバランスが崩れ様々な異常が発生しています。

 

 

 

◇ヒビ・割れの大発生ヒビ割れ果

特に、夏の旱魃から9月以降の長雨と、天候急変したことで、収穫が近づいてきた段階でヒビ・割れが大発生しています。

樹勢の弱い樹での発生率は高く、半分以上の果実にヒビ・割れの発生が見られ出荷量は大きく減少する状況となっています。

 

 

 

・黒星の取り残し黒星病痕果

黒星病痕は摘果時に優先して落としていますが、取り残しや摘果後に病斑が拡がった物が現時点でも多く見られています。

皮をむけば全く問題ありませんのでお届け品に混ざることがあります。

 

 

 

☆上記作柄から八ケタ会全体として、ふじの収穫予想量は約2割減と不作の状況であることが確認されました。

目合わせでは「味本位(美味しく食べられる)」を最優先に、「腐敗に繋がらない」選果に心がけて荷造り・お届けすることを再確認しています。

台風を含め、激変した天候をくぐり抜けて育ったりんご達です。

今年は多少見かけは良くないものも届きますが、「いつもの美味しさ」でお届けします。ので、今シーズンの作柄を是非ともご理解の上ご賞味お願いします。

 

      

ページの先頭に戻る