産直ニュース(農・畜・水産) 30週号(7/26~29)

 

産直ニュース(農・畜・水産) 2016年 30週号

生 活クラブの産直材は、より美味しくより安心して頂ける様に生産者を指定しています。こ のため、天候・生育状況等によってはお届け週が予定変更になる場合 や、緊急にお知らせが必要な場合もありますので、本ニュースで産地の状況をお知らせします。38週号より「産直ニュース」名称を改め、農畜水産関係の産直 品の産地情報等をお届けします。   <生活クラブ関西>


ニュースは、毎週全組合員へ配布しています。

こちらのHPでは、果物類お届け品スケジュールのうち、京都エル・コープのお届け予定のみをピックアップして、毎週案内していきます。

西センターと東センターでお届け品目が異なる場合もありますので、所属センターをご確認ください。

品名前に(?)マークのある品は、調整の可能性があります。

天候や生育状況により緊急に変更となる場合もありますが、予定としてお役立てください。

 

  西センター 東センター

 30

7/26~29

パイナップル②ハワイ種
7/26(火)・27(水) 
欠品
7/28(木)・29(金) 規格価格変更

桃(白桃系)

プルーン②
*予定より早まります

枝豆②

ブルーベリー①



*パイナップル②(木)(金)コース
規格・価格変更しています
2Sサイズ  832円→
3Sサイズ  681円

*バランゴンバナナ
規格・価格変更しています
3kg 1,696円→
1.8kg 1,017円
1kg   616円→600g 369円

 31

8/2~5

パイナップル③ハワイ種

枝豆③

ブルーベリー②

スイカ箱②
スイカ玉①

 

  32週

8/9~12

枝豆④

プルーン③

ブルーベリー③

スイカ玉②

デラウエア①

 33

8/16~19

枝豆⑤

デラウエア②

幸水梨①

■バランゴンバナナ  規格価格変更が続いています

エルニーニョの影響で旱魃が続く産地ですが、この間の旱魃でバナナの株が成長不良となり、付いた実も規格に満たずに廃棄されるものが多発しています。

 漸く雨期に入り降雨が期待されますが、本来一番先に実を付けるべき親株は水不足のため異常に細く、このまま生長させても出荷できる実にならないため、親株を切り倒して子株の生長を促すように作業を進めています。
 生産者も「経験がない」ほどの旱魃で、バランゴンバナナの出荷量が回復するのに時間がかかっています。長期にわたる規格変更ですが、今暫くご辛抱お願いします。

◇変更前(税込価)
  バランゴンバナナ3㎏ 1,696円   1㎏  616円
◇変更後(税込価)
  バランゴンバナナ1.8㎏ 1,017円  600g 369円

 

■パイナップル  更に旱魃が続いています

 産地:石垣島では、平年より1週間程早く6月中旬に梅雨明けし、その後約1ヶ月間は雨らしい雨がない天候が続いています。
 このため熟期を迎えたパイナップルは雨不足による実割れ等が多発して、出荷量が激減する状況が続き、お届けを遅らせる対応をしてきました。

 7月下旬にはいよいよ登熟のピークを迎え、一雨あれば一気に出荷量が増加する見通しを持っていましたが、期待した雨は無く、畑で収穫されることなく腐っていく状態です。今後も雨が期待できる状況ではなく、30週配達分の一部曜日で欠品とさせて頂きました。 お待ち頂いたのにお届けできず、申し訳ありません。
 又、パイナップル3回目受注分(31週お届けに変更しています)についても、全量のお届けは厳しい状況となっており、一部欠品が予想されます。丸で囲んだ部分・・・割れて汁が漏れ出しています。畑では多くのパインがこのように出荷できない状態になっています。

7/26(火)・27(水)コース
  欠品
7/28(木)・29(金)コース
  規格価格変更

 ◇通常規格(税込)
  2Sサイズ  832円
 ◇変更規格(税込)
  3Sサイズ  681円
 *差額151円は31週(8/4・5)に返金処理致します。

 

 ご迷惑をお掛けしますが、ご確認宜しくお願いします。

 

 

■スイカ(王隠堂農園) 遅れています

6月初旬の受粉作業後の天候が優れず、着果が思わしくない状況となっています。収穫予定がかなり遅れています。

*7/25現在の配達予定は以下の通りです。
◆箱で予約された方
 ①回目:29週(7/19~22)   ②回目:31週(8/2~5)予定
◆1玉で予約された方
 ①回目31週(8/2~ 5 )予定 ②回目32週(8/9~12)予定

 


 

 


      

 

~ 産直ニュースより ~

 

 ■ 今週 伊賀有機農産の玉ねぎが届きます 

 野菜BOXの産地「伊賀有機農産」(三重県)の玉ねぎが今週お届けです! 今年の玉ねぎの作柄は全国的に不良となっており、伊賀有機でも計画量(8t)の半分程度の収穫量となっています。 又、生産者それぞれで様々な工夫をして栽培していますが、玉太りが悪く小玉傾向となっています。 

 平年では1㎏で平均4~5個の入り数ですが、今年はずいぶん小さいものが多く、1玉100g前後のものも入れさせて頂いております。 ご了承お願いします。

 ■ 中吉野産直組合(柿・梨)は順調です 

中吉野産直組合の梨を視察しました。

 昨シーズンは受粉時期の悪天候の影響で品種により不作でしたが、今年は天候に恵まれて着果状態も良く、ここまでは順調に生長しています。

◇生産者の梨子本亘希さんから一言!

「今年は、袋と肥料に一工夫しました。」

右の写真では袋の下部が開いていますが、通常使用する袋は閉じた状態のモノを使います。

「今年の夏は猛暑の予想なので、梨の焼け・煮えが心配されます。袋下部を開く事で果実が温度を貯めすぎないようにしました。又、収穫の際に果実の色が確認できるので適期収穫がし易くなります」 

肥料については
「美味しい梨になるように、肥料はアミノ酸成分を多く配合したモノを試しています。」
との事。 

狙い通り仕上がって配達されるのが楽しみです!!

 

      

ページの先頭に戻る