産直ニュース(農・畜・水産) 20週号(5/17~20)

 

産直ニュース(農・畜・水産) 2016年 20週号

生 活クラブの産直材は、より美味しくより安心して頂ける様に生産者を指定しています。こ のため、天候・生育状況等によってはお届け週が予定変更になる場合 や、緊急にお知らせが必要な場合もありますので、本ニュースで産地の状況をお知らせします。38週号より「産直ニュース」名称を改め、農畜水産関係の産直 品の産地情報等をお届けします。   <生活クラブ関西>


ニュースは、毎週全組合員へ配布しています。

こちらのHPでは、果物類お届け品スケジュールのうち、京都エル・コープのお届け予定のみをピックアップして、毎週案内していきます。

西センターと東センターでお届け品目が異なる場合もありますので、所属センターをご確認ください。

品名前に(?)マークのある品は、調整の可能性があります。

天候や生育状況により緊急に変更となる場合もありますが、予定としてお役立てください。

 

  西センター 東センター

 20

5/17~20

パイナップル(ピーチ種)②
河内晩柑③
セミノール③
エリザベスメロン(火・水)


*バランゴンバナナ
規格・価格変更しています
3kg 1,696円→
1.8kg 1,017円
1kg   616円→600g 369円
*エリザベスメロン
火・水コースのお届けです

 21

5/24~27

河内晩柑④
小梅

(?) アンデスメロン
(?) 小玉スイカ①

 

  22週

5/31~6/3

河内晩柑⑤

(?) アンデスメロン①
(?) 小玉スイカ②

 

 23週

6/7~10

(?) 肥後グリーンメロン②
(?) 小玉スイカ③

■バランゴンバナナ
   生産量が減少しています しばらく規格価格変更します

エルニーニョによる気象変動の影響で、フィリピン南部ミンダナオ島を中心に旱魃が続いています。雨不足による生育不良で生育が遅れたり、基準サイズにならずに廃棄に至るバナナが増加しています。
このため、暫くの間(2~3ヶ月間程度に及ぶ可能性があるとのことです)以下の規格価格変更でお届けさせて頂きます。
少なくとも6月一杯までは、60~70%の規格調整が続く見通しです。

◇変更前(税込価)
  バランゴンバナナ3㎏ 1,696円   1㎏  616円
◇変更後(税込価)
  バランゴンバナナ1.8㎏ 1,017円  600g 369円

 

 

 


      

 

~ 産直ニュースより ~

 

 ■ アンデスメロン(JAうき 清水康弘さん)
  プラム(肥後あゆみの会) 

●アンデスメロン(JAうき:清水康弘さん)
21週(5/24~)からお届け予定ですが、5月前半の降雨により菌核病が発生しています。換気や病害苗の摘出等々で病気の拡がりを抑える努力をしていますが、受注量確保が心配な状況となっています。

●プラム(肥後あゆみの会)
毎年6月に企画しているプラムは、天候の影響で殆ど実が付いておらず企画中止となっています。寒さで被害を受けた河内晩柑同様 天候による作柄不良の方がダメージが大きいそうです。
園地では柑橘類の開花時期で、辺り一面柑橘の花の甘~い香りが漂っています。
平年に比べて花の量は多く、豊作を予感させる状態で「来シーズンにむけてしっかりと作業をしていきますので、その際には沢山注文をお願いします!」とのことでした。

アンデスメロン生産者(JAうき):清水康弘さん

◇頑張れ!くまもと!!

◆アンデスメロンの生産者、JAうきの清水康弘さんは宇土市にお住まいです。
地震による家屋への被害はないものの、震災後の10日間程度は車中泊で過ごされたそうです。友人や親類で被災した方も多く、片付けやブルーシート張りのお手伝いと、農作業以外も忙しい毎日ですが、メロンの管理も手は抜け無い状況で少しバテ気味。プラム生産者(肥後あゆみの会):左・倉富一義さんと、右・松本英利さん

◆プラムの生産者、肥後あゆみの会の倉富一義さん、松本英利さんが住んでいる不知火地区でも、段々畑の石垣がそこかしこで崩れる等の被害は出ています。が、幸いなことに家屋などの被害は出ていません。

園地巡回中も震度3の余震が2度… 「もう慣れました」とおっしゃっていましたが、1日でも早く地震が収束して貰いたいですね。


 

 ■ 泉州たまねぎの収穫が始まりました! 

泉州:植田さんの園地でも玉ねぎ(早生)の収穫が始まりました。これから6月一杯にかけて早生→中生→晩生と順次収穫が続きます。

天候の影響で「今年は岸和田全体でも病害の多い年」とのことで、廻りの慣行栽培でも病害がチラホラ見える状況でした。

農薬を使わない植田さんですが、夏から準備した堆肥や有用微生物の散布の影響で、まずまずの作柄となっています。

瑞々しい玉ねぎをどうぞ!!

 

 

 

 

      

ページの先頭に戻る