産直ニュース(農・畜・水産) 13週号(3/29~4/1)

 

産直ニュース(農・畜・水産) 2016年 13週号

生 活クラブの産直材は、より美味しくより安心して頂ける様に生産者を指定しています。こ のため、天候・生育状況等によってはお届け週が予定変更になる場合 や、緊急にお知らせが必要な場合もありますので、本ニュースで産地の状況をお知らせします。38週号より「産直ニュース」名称を改め、農畜水産関係の産直 品の産地情報等をお届けします。   <生活クラブ関西>


ニュースは、毎週全組合員へ配布しています。

こちらのHPでは、果物類お届け品スケジュールのうち、京都エル・コープのお届け予定のみをピックアップして、毎週案内していきます。

西センターと東センターでお届け品目が異なる場合もありますので、所属センターをご確認ください。

品名前に(?)マークのある品は、調整の可能性があります。

天候や生育状況により緊急に変更となる場合もありますが、予定としてお役立てください。

 

  西センター 東センター

 13

3/29~4/1

甘夏②
デコポン(佐伊津)②
木成り八朔①

いちごA登録
いちご三次予約①

*鮮魚BOX・少量鮮魚パック
3/29(火)コースは、
時化のため4/5(火)に遅配です
*ミニトマト
3/31(木)コースは欠品です。
*原木生しいたけ100g
3/30(水)コースは欠品です。
*ピーク時原木生しいたけ増量
3/30(水)コースは、西センターのみ配達有り

 14

4/5~8

甘夏③
デコポン(佐伊津)③
木成り八朔②

(?)いちごB登録・三次予約②

  15週

4/12~15

甘夏④
木成り八朔③

(?)いちごA登録・三次予約③
(?)

 16週

4/19~22

甘夏⑤
木成り八朔

(?)いちごB登録・三次予約④
(?)

■原木生しいたけ

雨が降らず水不足のため生育しない状況で、自由注文の「原木生しいたけ100g」は一部欠品となっています。一方で、100g規格には入れられない大きなサイズのしいたけは生育していますので、「ピーク時原木生しいたけ増量」は一部配達となっています。

■バランゴンバナナ
   生産量が減少しています 今週から規格価格変更します

エルニーニョによる気象変動の影響で、フィリピン南部ミンダナオ島を中心に旱魃が続いています。雨不足による生育不良で生育が遅れたり、基準サイズにならずに廃棄に至るバナナが増加しています。
このため、今週お届けから暫くの間(2~3ヶ月間程度に及ぶ可能性があるとのことです)以下の規格価格変更でお届けさせて頂きます。

◇変更前
  バランゴンバナナ3㎏ 税込価1,696円   1㎏ 税込価 616円
◇変更後
  バランゴンバナナ2㎏ 税込価1,131円  700g 税込価 431円

ご迷惑をお掛けしますが、ご確認宜しくお願いします。

 


 

 

      

 

~ 産直ニュースより ~

 

 ■ 生食用生カキ 水揚げ再開しています!
  (バージンオイスター!!)

 11週(3/15~)配達分から水揚げ再開しています。
*新種(昨夏に採取した種)を本垂下したもので、生産者も数十年前に一度だけ経験した事のある生産方法。海外では「バージンオイスター」と呼ばれるそうです。
 サイズは平年のこの時期としては小ぶりで、平年の12月時期の大きさとなりますので、御了承お願いします。


■ パイナップル案内配布中です 

 昨年は複数回の台風が襲来した八重山諸島ですが、パイナップルは被害を免れて順調な生育となりました。
 テレビでは、乗用車が吹き飛ぶ映像が流れパイナップル畑を思い浮かべながら心配していましたが、幸いなことに大きな被害は出なかったそうです。

◇扇バショウ
西表のパイン畑の両サイドには、写真のように「扇バショウ」(バショウ科の植物で手を拡げたように扇状に育つ)が植えられ、強風に備えています。
風向きもありますが、台風が度々訪れる沖縄ならではの知恵と工夫ですね。

池村英勝さん【ピーチ種】は、イリオモテヤマネコで有名な西表島で栽培されています。

「石垣・西表は、沖縄本島に比べても気温は高く、パイナップルの糖度も高く美味しいですよ。更に、適期収穫にこだわり美味しいモノを届けるように心がけています」と西表グループ代表の池村さん。
 昨年の生産者カードのコメントを見ながら、「直接消費者から意見や感想がもらえて、生産の励みになります。 来シーズンも良いメッセージが帰ってくるように頑張ります」ともおっしゃっていました。

 

 

      

ページの先頭に戻る