産直ニュース(農・畜・水産) 48週号(12/1~4)

産直ニュース(農・畜・水産) 48週号

生 活クラブの産直材は、より美味しくより安心して頂ける様に生産者を指定しています。こ のため、天候・生育状況等によってはお届け週が予定変更になる場合 や、緊急にお知らせが必要な場合もありますので、本ニュースで産地の状況をお知らせします。38週号より「産直ニュース」名称を改め、農畜水産関係の産直 品の産地情報等をお届けします。   <生活クラブ関西>


ニュースは、毎週全組合員へ配布しています。

こちらのHPでは、果物類お届け品スケジュールのうち、京都エル・コープのお届け予定のみをピックアップして、毎週案内していきます。

西センターと東センターでお届け品目が異なる場合もありますので、所属センターをご確認ください。

品名前に(?)マークのある品は、調整の可能性があります。

天候や生育状況により緊急に変更となる場合もありますが、予定としてお役立てください。

 

  西センター 東センター

48週

12/1~4

登録みかんA
ふじりんご②

いちごA 【ケース登録分のみ】

(?)生カキ

49週

12/8~11

登録みかんB
ふじりんご③

(?) いちごA【パック登録分のみ】
(?)生カキ

50週

12/15~18

登録みかんA
ふじりんご④

(?) いちごA【パック登録分のみ】
or (?) いちごB
生カキ

51

12/22~25

登録みかんB
ふじりんご⑤

(?) いちごB
生カキ

(?)いちご
今週(12/1~4)は、出始めのため量が揃わずA登録の「ケース規格」のみお届けしています。A登録「パック規格」は49週(12/8~11)に全量お届けを予定していますが、なんと…島原では雪が降り普賢岳は雪化粧との情報。
急な冷え込みにより出荷量が心配な状況となっています。場合によっては49週と50週に分けたお届けとなる可能性があります。
B登録のお届けも、50、51週の2週間を予定しています。

*生食用生カキ ● 赤色系プランクトンの発生により水揚げを見合わせています
成育の後れによりお届けを1月遅らせて、事前の試験水揚げと菌検査も終え準備万端で48週を迎えようとしていましたが、11月23日頃に筏設置海域で赤潮が発生しました。
この赤潮の元となる赤色系プランクトンはカキにとっては良い餌となるものですが、摂取したカキが暫くの間「身が赤く変色する」事から「血ガキ」と呼ばれ出荷することは出来なくなります。
赤潮は大規模なものではなかった為、何とか供給に間に合わないかと筏の見回りとカキの点検を続けてきましたが、11月30日現在でもカキの貝柱に色が残っており水揚げを見合わせている状況です。
着色が抜け次第お届けスタートの予定です。

大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、今暫くお待ち下さい。

 

 

 

    ●    

 

 

~ 産直ニュースより ~

 

 ■ バランゴンバナナ出荷量急回復!!
  (パナイ島台風被害から急回復)   

相次ぐ台風や旱魃により、夏前から出荷量が減少し量目変更でのお届けが続いていたバランゴンバナナが急激に出荷量を増加させています。

現在通常規格に戻した供給を始めていますが、それでも日本の取引団体で引き取りきれない程の“爆出荷”!?となっています。 (なかなか思うようにいきません…)

主に2013年の大型台風直撃を受けた後に、復興支援(バナナ苗の配布等)を行ったパナイ島で、ようやく支援の効果が表れた結果です。

【台風直後】

【苗の配布、植え付け】

【ようやく出荷を迎えました】

せっかく実ったバランゴン。少しでも無駄にしないために配送担当者が引き売りをしていますので、ご協力お願いします。

    ●    

ページの先頭に戻る