7月20日(金)シリーズ第1回『高齢者の孤立死の実態と予防活動』

地域は生まれ、育ち、そして老いて終を迎える、まさにいのちと向き合う場です。住み慣れた地域で私達らしく暮らし続けるためには少子高齢化をはじめとする多様な課題に向き合う必要があります。私たち協同組合は地域の人たちの暮らしに根ざした組織です。組合員として、地域の暮らしに必要なことを考え、暮らし続けたい地域社会を描くために、様々な課題を発見し、解決策を展望するための連続講座を開催します。

 

 

シリーズ第1回

『高齢者の孤立死の実態と予防活動』

 

講師:佛教大学准教授 新井康友

新井康友氏 プロフィール

ボランティア活動をきっかけに大学で社会福祉を学び始める。大学卒業後、特別養護老人ホームでは介護職員・生活相談員として、また訪問介護事業所ではホームヘルパーとして働いた経験を持つ。その後、羽衣学園短期大学、羽衣国際大学、中部学院大学を経て、現在は佛教大学社会福祉学部社会福祉学科准教授。専門分野は「老人福祉論」

 

日時720日(金) 10:30~13:00終了予定

 

場所:生活クラブ京都エル・コープ
   本部・西センター 3階 会議室

 *駐車スペースがありませんので公共交通機関をご利用ください。
 *JR桂川駅東側すぐ/阪急洛西口駅から東へ徒歩約20分


 

■ 主催/問合せ/申込み:
 生活協同組合生活クラブ京都エル・コープ
 電話 075-934-7371
 FAX 075-934-7377

小さなお子さまとご一緒の方は託児をご利用いただけます。(事前申し込みが必要です)
組合員(エッコロ共済に加入)以外の方の託児は1時間につき600円の実費をいただきます。お申し込み時にお申し出ください。スペースに限りがありますので先着5名までとさせていただきます。

 

 

 

 

 

次回は・・・
シリーズ第2回 925(火) 10:30~13:00
『自閉症の人とつくる西陣麦酒プロジェクト』
講師:特定非営利活動法人HEROES 松尾浩久氏

会場:生活クラブ京都エル・コープ
   本部・西センター3階会議室

 

連続講座全6回の案内は、こちら

ページの先頭に戻る