3月10日(土) 原発・ぼうさい 学習会

2011年の震災からもうすぐ7年。

2年近くも原発ゼロで問題なく暮らせたのに

どーして原発は再稼働しちゃうんでしょう?

世界では今どーなってるんでしょう?

ベトナムはとーして原発つくるのをやめたんでしょう?

篠山市はどーしてヨウ素剤事前配布を始めたんでしょう?

原子力防災で全国を飛び回る「原発からの命の守り方」の著者・守田敏也さんから、ドイツ反核キャンプで見てきたことや、災害対策検討委員として篠山市に関わって起きた変化や、今日再びやってくるかもしれない震災への準備についてたくさーんお話していただきます~。

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

 

『守田さん、おしえて~

 原発・ぼうさい 今どーなってるの!?』

 

講師守田敏也さん

日時10日()
    13:30開場14:00-16:30

開場しんらん交流館
    1階会議室(東本願寺北側)

参加費100
    (資料代・お茶菓子つき)

申込み締切:3月2日

主催:エル・コープ脱原発委員会

問い合せ:エル・コープ西センター
     (075-934-7371)

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

 

*守田敏也さんプロフィール

同志社大学社会的共通資本研究センター客員フェローなどを経て、フリーライターに。
環境問題や平和問題に関わる。
福島原発事故以来、全国各地で講演。
放射能防護やヨウ素剤配布などを訴えている。
兵庫県篠山市防災対策本部対策委員長に就任。
著書:「内部被爆」(共著)・「原発からの命の守り方」

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

 

ページの先頭に戻る