竜王米体験田活動報告(7/2訪問)

7月2日(火) 洛南支部・洛東支部・伏見支部の組合員さんで、体験田に行ってきました。

田植えから1ヶ月半。か弱かった苗はすくすく育ち、腰の高さを超える大きさになっています。

 

田んぼは溝きりされ、中干し(なかぼし)ちゅう。

 

 

 

 

 

 

 

まずは『あぜの草刈り』

生産者「これがよ、イタリアングラスっていってよ~、カメムシが大好きな草だからよ」

これに寄ってきたカメムシがお米につくと黒い虫食い米になってしまうのですね。

草刈りの時には見逃さないように気をつけて・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、ほとんどの生産者さんが機械でまく肥料を、今でも手でまいている師匠に

教えていただきながらの『穂肥(ほごえ)まき』

穂が出る30日前を目安に肥料をまきます。

素人には全くわからない目安です・・・。農家さんでやっぱりすごい!

 

 

 

 

 

 

 

 

師匠は簡単そうにまかれますが・・・、まんべんなくまくのって難しい!!

でもしっかり稔ってほしいから、一生懸命まきました。

「おおきくなあれ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

記念にぱちり!今日もお世話になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けろり~ん。

 

ページの先頭に戻る