竜王米体験田活動報告(6/12訪問)

6月12日の体験田。

 

田植え後24日の田んぼのようすです。

どうです?この歪みっぷり。

そりゃあおおぜいで、

手で植えましたからね。

 

 

 

田植え参加者のみなさん、がっかりするなかれ。

見る角度によってはこんなに綺麗。

毛深いところと薄いところ・・・

これもね、愛しいじゃないですか。

 

 

 

田植えをした組合員さんの中には、

植えなおしてもらわないと育たないのじゃないか、

と心配していた方もいるけど

 

だいじょうぶ。

ちゃんと育っています。

 

 

 

 

根っこもほら。

一株抜いてみました。

おおっ、

しっかり根を張っている。

 

 

 

稲の葉は数え方があって、

書いてあるものを見ても分かりにくいから、

実際にJAの方に教えてもらおう。

 

 

 

 

田んぼには、よく見ると小さな生き物が

たくさん。

オタマジャクシ。

 

 

 

 

田んぼの中には一度、除草剤を使用しているから

雑草は生えていません。除草剤を使用しない

田んぼだと、田んぼの中にも雑草がはえるので、

気を付けて除去しなければなりません。

私たちはもっぱら畦の草刈り。

                                 鎌でザクザク。

土や草の匂いを普段嗅いでいないことに

気づきます。

30~40分でおよそ終了。

厚いけど気持ちいい。

 

 

 

この日は体験田の近くにある、生産者の

竹山さんの田んぼで「溝切り」を見学。

これから中干しなど、田んぼの水管理が

複雑になるので、水の出し入れがしやす

いように、溝を作るそう。

 

 

小型のバイクのような「溝切りライダー」

にまたがり、狭い苗の間を足で支えな

がら素早く移動し、溝を作る。

こんなにサクサクできるなんて!

 

 

正直ちょっとやってみたかったけど、

分別のある私は言い出せず・・・。

おみごと!

 

 

 

 

周りを見渡すと、私達の体験田と同じようなようすの田んぼ、このように溝切りが済んで

いる田んぼなどさまざま。

田植えの時期や品種の違い、はたまた田んぼそのものに違いがあるのだそうな。

知らないことがいっぱいあって、子供のように新鮮な気分で帰路へ。

ま、見た目はぞろぞろ歩くおばちゃんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭に戻る