グリーンシステム

ごみを出さずに環境負荷減らすしくみ「グリーンシステム」

大量生産、大量消費といわれるこの時代に、「使い捨てるのではなく資源を循環させて使うことが大切」だと私たち生活クラブは考えています。また、現在、深刻になっている「ごみ」問題。家庭からでるごみの容積の約60%が容器や包材によるごみといわれています。

生活クラブでは、なるべくごみを出さず環境負荷を減らすために、1994年より、リサイクル容器(使い捨て容器)からリユース容器(回収して再使用可能な容器)に切り換える取り組みをはじめました。これを「グリーンシステム」とよんでいます。(グリーンは、"地球生態系のためのごみ減量システム"から名づけられました。)

現在、生活クラブでは、8種類のリユースびんを採用しています。調味料やジュースなど、中身の違うものでも、できるだけびん容器の大きさをそろえることによって、回収・洗浄・選別というリユースに不可欠な作業の効率アップにとりくんでいます。

また、2000年には、さらに取り組みを広げ、牛乳も紙パックからリユースびんに切り替えました。そして、牛乳びんのプラスチックキャップのリサイクル回収や、配達用のピッキング袋もリサイクル回収を始め、地球にやさしい「ごみを出さない暮らし方」を進めています。

リユースびん

現在、66品目の消費材にたいして、8種類の「リユースびん」容器を使用しています。

リユースの流れ

●生活クラブ

配達員がリユースびんに入った消費材を配達します。

●組合員

組合員は使い終わった「空びん」を返却します。消費材の配達のときに、配達員に手渡します。紙ラベルをはがして、フィルム包装もはがします。また、調味料類のびんのキャップは自治体の回収に出してください。

※紙ラベルをはがす際は、びんにキズを付けないようにしてください。びん全体をぬるま湯に漬けておくと、ラベルがきれいにはがれます。中もさっとすすいでください。
全部はがれない場合、その段階まででもOKです。
タワシなどでこするとびんにキズがつきリユースできなくなります。

●びん商(びんの回収や洗浄を行う業者)

びん商は、回収されたリユースびんを選別・洗浄して、生産者へ納品します。

【関連記事】
使い捨て時代を「リユース」魂で■株式会社トベ商事(これに賭ける!2016年6月)

●生産者

生産者はリユースびんに中身を充填し、生活クラブに納品します。

くり返し使う牛乳びん

2000年から、牛乳も紙パックから、くり返し使う牛乳びんに切替えました。超軽量びんで、とても軽く、形にも工夫を凝らし、持ちやすくするため中央に "くびれ"を入れています。力の弱い人に配慮した形状が社会的にも評価され「グッドデザイン賞ユニバーサルデザイン」や「ワールドスター賞」などを受賞しました。この牛乳びんは、50回以上くり返し使し使えるように作られています。リユースする牛乳びんは、リサイクルする紙パックに比べてCO2排出量を35g削減します(回収率97.1%の場合)。

牛乳びん

牛乳キャップのリサイクル

牛乳キャップも、回収してリサイクルしています。※ノンホモ牛乳牛乳、200ml牛乳(関西を除く)のキャップも回収しています。
回収した牛乳キャップ5個で「ごみ袋(L)」(再生原料6割使用)が1枚作れます。牛乳キャップを出した人が、それを原料にしたごみ袋を利用することができるのは、生活クラブだけのオリジナル。ぜひ、共同購入しましょう。牛乳キャップ1個をリサイクルすると、CO2排出量を約11g削減します。牛乳キャップのリサイクル回収の出し方は、コチラをご覧下さい。

ピッキング袋のリサイクル

配達仕分け用のピッキング袋は、回収して、もう一度ピッキング袋に再生利用したり(再生原料は2割使用)、他の原材料にリサイクルしています。※フィルムインサーター袋、注文書フィルムも回収しています。
これも生活クラブだからこそ実現できたオリジナルな取り組みです。ピッキング袋1kgをリサイクルすると、2,968gのCO2を削減します。ピッキング袋のリサイクル回収の出し方は、コチラをご覧下さい。

ピッキング袋

これがグリーンシステムの力です!

  • 2016年度は生活クラブ全体でグリーンシステムによって2,735トンのCO2排出量を削減することができました。
    これは容積にすると約151万㎥で、東京ドーム1個分(124万㎥)の約1.2倍になります。グリーンシステムで4,597トン、ジャンボジェット約13機分のごみを削減することができました。
    組合員ひとりひとりのびんや牛乳キャップ、ピッキング袋を返すという「サステイナブルな生き方」が、環境に貢献しているのです。

環境大臣賞を受賞

環境大臣賞 最優秀賞

現在、生活クラブ生協連合会のほか、 パルシステム連合会、 東都生協、 グリーンコープ連合、新潟県総合生協で、環境保全・資源循環型社会の構築を目指した生協団体のネットワークとして「びん再使用ネットワーク」を形成し、リユースびんの普及に努めています。
びん再使用ネットワークは第一回の2006年度(平成18年度)容器包装3R推進「環境大臣賞」(地域の連携協働部門)の最優秀賞を受賞しました。びん形状の統一により効率的なびんの再使用システムを構築し、全国の生協にびんの再使用を普及させたこと、また超軽量びんの活用も開始していることが評価されました。
審査委員長の安井至さん(当時国際連合大学副学長)からは、『社会全体の風潮から、なかなか難しい3Rの推進について、継続的に極めて着実に取り組んできている点を評価した』という講評を頂きました。
15年以上に及ぶRびんの取り組みは、生協だけではできません。びんを作るメーカーや充填する提携生産者、回収するびん商や洗びん事業者等々、おおぜいの連携・協力により実現したものです。このことは、国の評価を待たずとも、私たちは大いに自慢していいことではないでしょうか。Rびんでつながるこの関係性を大切にして、ほんとうに持続可能な3R社会を目指しましょう。

グリーンシステムハンドブック

グリーンシステムハンドブック

グリーンシステム・ハンドブックを発行しました。
(2010年3月)

  • グリーンシステムって、なんですか?
  • どんな種類があるの?
  • ケチャップのフタが開けにくいのですが?
  • 超軽量びんって、どんなびん?
  • 牛乳キャップも回収しているのですか?
  • リユースとリサイクルって、そんなに違うのですか?
  • ごみゼロ社会って、どんな社会?

などなど・・・、グリーンシステムに関する、さまざまな質問に答えます。

グリーンシステム ビギナーズガイド

新しく加入された組合員の方に、やさしく解説したガイドブックを作成しました。
(2017年3月)

ページの先頭に戻る